ワークショップ概要:”On Leaning” 学ぶこととは何かを考える

ロズリン・ヤング博士より

 

”On learning” 学ぶこととは何かを考える

 

多くの人は自分自身をより深く理解しようとします。人がどのように学ぶのか、どのように変容するのか、そして、それでもなお一生を通じて自分自身を「同じ自分だ」と認識しているのはなぜか。このワークショップは、参加者にこのような問いを探求する機会を提供します。

 

カレブ・ガテーニョは、すべての学びは気づくことであると述べています。このワークショップでは、学びにおける気づきの役割は何か、いかに気づき(awareness)を複数形(awarenesses)で使うことが可能なのか、この考え方が生きていくことについて熟考するために私たちをどう助けてくれるのか、ということついて注意深く検討します。

 

ワークショップでは、日常生活から取り出した題材について実践的な検討を行うことにほとんどの時間を使う予定ですが、ミニレッスンを行い学ぶ状況に身を置き学んでいる自分自身とお互いの観察も行う予定です。

 

また、年齢に関わらず人々が備えている自発的に学ぶ力を使うことはどのように可能なのか、ということについても詳しく検討します。これらの題材から次のようなことを探求します。

 

− 学ぶときに誰もが使っている「知る」ということの方法について

− フィードバック:その目的とその使い方について

− 私たちは記憶をどのように使い、どう保持するのか

− 私たちはいかに眠るのか:眠っている間にしていることに気づくことは可能か

 

教師の仕事をしている受講者は、効果的な教え方を生み出せるように注意深く「気づき」を引き出す方法について、そして、このワークショップでなし得た発見によって、学習者がより自律的で、責任を持ち、自立した状態になるための助けとなる方法を学ぶ機会を得ることができます。

 

お申込みはリンク先ページ下のフォームから

 

 

ーーー以下英文ーーー

On learning

 

Many humans seek to understand themselves better. This workshop will give participants an opportunity to explore how they learn, how they change, and yet recognise themeslvse as “the same” throughout their lives.

 

Caleb Gattegno proposed that all learning is becoming aware. We will examine the role of awareness in learning, how this word can be used in the plural—awarenesses— and how this concept helps us to reflect on the way we live our lives. 

 

Most of the time, we will use practical exercises from everyday life, but participants will also be put into learning situations in mini-lessons and invited to watch themselves and each other at work. 

 

We will also examine how it is possible to use the spontaneous learning abilities of people of all ages. Among the subjects we will explore are:

- the ways of knowing we all use when we learn;

- feedback: its purpose and how we use it;

- how we use our memories and how we retain;

- how we use our sleep: can we become aware of the work we do during our sleep? 

 

Those participants who are teachers will also have the opportunity of working on how to deliberately provoke awarenesses so as to create effective teaching, and how the discoveries we make during this workshop will allow them to help their students become more autonomous, responsible and independent.