ロズリン・ヤングさんから英語ワークショップのご紹介

サイレントウェイによる英語 2019年3月

 

このワークショップでは英語の全体像を見ていきますが、特に、英語の発音に注目します。

 

往々にして、教師は発音を教えるとき母音と子音だけを重視します。しかしながら、ここ数年、言語の発音方法にいくつかの発見がなされました。このワークショップでは英語に取り組みながら同時に、この発見の内3つを探求します。

 

1.調音のセッティング

どのようなスポーツにも、そのスポーツ特有の身体の動きを極めて容易にできるような特徴的な姿勢があります。テニスのポジションでゴルフをしようとする人はいませんね。だから言語の場合も同様で、各言語によって舌、唇、顎の基本となるポジションがあり、それが発音の全システムの基礎を構成するのです。

学習言語に適切なセッティングを使うと、ネイティブに近いアクセントがとても容易に得られます。反対に、別の言語のセッティングを使うと、正確で容易に発音をすることが困難になったり、不可能になることすらあります。日本語と英語では、発声する際の筋肉の使い方が非常に異なります。このワークショップでは英語の音声を発するセッティングを作ることを練習します。

 

2.呼吸の使い方

言葉を話すときの呼吸法は言語によってさまざまで、この点で日本語は、英語とは極めて異なります。日本語話者は呼吸エネルギーを「滑らかな」な方法で使うため、発音される日本語はかなりシンプルになります。英語話者は一続きの拍ごとに息を吐き出すために、いわゆるリズムと同様に、ストレスの有無のシステムが生じ、それが英語の特異性となります。

 

3.英語の母音の弱化

多くの音を弱く変化させることは英語の特徴の一つです。このように弱化された音は、ただ「母音を小さく発音する」のではありません。母音とは違った「強調と弱化」の一環として作られるのです。

弱化音の作り方を理解したら、自分でそれを行うのは難しいことではありません。

このワークショップではネイティブスピーカーのような音を参加者が出せるようになることを学びます。

 

発音に焦点を当て絶えず心に留めますが、サイレントウェイの典型的なやり方で言語の全体像に取り組みます。

 

学校で英語を学んだことを忘れてしまっていたとしても構いません。

 

お申込みはこちらの下のフォームから

 

ーーー以下英語ーーー

A Silent Way workshop for English, March 2019

 

 

In this workshop, we will work on the whole of English, but we will pay special attention to the pronunciation of the language.

 

 

Most of the time, teachers of pronunciation only think about the vowels and consonants of the language they teach. However, over the last few years there have been several new discoveries about the way languages are pronounced. We will explore three of them at the same time as we work on English.

 

 

1.  The Articulatory Setting.

Just as in every sport, there is a charateristic body posture adopted by players which allows them to very easily make the movements and strokes typical of that sport—nobody tries to play golf using the position for tennis—so in the same way, each language has a basic position for the tongue, lips and jaw which gives the speakers the basis of the whole system.

 

 

If a learner uses the appropriate setting for the language, he can much more easily develop a near-native accent. If, on the other hand, he uses a setting adapted for another language, it is difficult or even impossible for him to produce certain sounds correctly and easily.

 

 

The position used by Japanese speakers is quite different from that used by English speakers. During the workshop participants will work on developing the articulatory setting for English.

 

 

 

 

2. The way the respiratory system is used

The way we breathe when we speak a language differs from one language to another, and Japanese is very different from English in this respect. Japanese speakers use their respiratory energy in a 'smooth' way, which makes pronunciation of Japanese quite simple. English speakers breathe out in a series of pulses and these produce the system of stress and reduction so typical of the language, as well as what is commonly called its rhythm.

 

 

 

3. The reduction of vowels in English 

One of the characteristics of English is the reduction of many sounds. Reduced sounds are not just "small vowels". They are produced in a different way from the vowels and are part of a “stress and reduction” system.

 

 

It is easy to learn how to make them if students understand how they are created. During this workshop, participants will learn how to make these sounds as native speaker do.

 

           

In typical Silent Way fashion, we will work on the whole language even if we keep pronunciation constantly in mind as our focal point.

 

 

Prerequisites

 

 

Students will need a few years of school Englsh to participate fully, even if they believe that they have now forgotten everything they ever learned in school.